Grand Group|風俗経営のグランドグループ

[風俗×ビジネス] で30年の黒字経営実績。業界大手グループで働きませんか?

MENU

転職したいけど…風俗業界への「就活」ってどうしたらいいの?

突然ですが皆さまは 就職活動 と 転職活動 の違い とは何だかわかりますか?

風俗への転職をお考えの方も、今はまだ職種に迷っているかたも、転職の為に避けては通れないのが面接などの転職活動です。学生時代のアルバイト、あるいは学校を卒業してからの就職活動は誰しもが経験があると思います。

しかし、就職活動と転職活動では注意すべきポイントがまるで違います。

このページをご覧いただいている皆さまは、既になんらかの雇用形態で、どこかの企業に「就職」し、勤務されている方が殆どでしょう。そしてその勤務先での問題か、あるいは環境や家庭など外的要因から転職という道を選ぼうとしている方が多いのではないでしょうか。

ここではそんな【転職活動】を始めるアナタへ、一般的な【就活】とは違う転職で成功するために注意しなければならないポイントをお伝えしたいと思います。


こんなはずじゃ…転職で失敗しない為のポイント

就職活動と違い、転職者が応募するのは基本的に企業の「中途採用」枠になります。中途採用は定期的に行わない会社が殆どなので、良い条件の会社にはなるべく早めにアプローチしなければ枠が埋まってしまいます。

仕事をしながら活動する場合などは特に、周りの人に相談することも難しくなりますので、「一人の戦い」になることを覚悟しなければなりません。ポイントを絞って転職先を検討する必要がありますが、気を付けないとこんなはずじゃなかった…という失敗にもつながるので注意が必要です。

特に転職の際は、以下の5つのポイントに注意しましょう。

転職先での仕事内容の確認は十分か?

転職してから「こんな仕事をやりたくて転職したんじゃない!」とならないために、転職先の業種はもちろん、自分が実際に働くことになったら「まず何をやるのか?」を確認する必要があります。

中途社員については、ニーズに合致した人材をピンポイントで採用する企業が多いため、その会社が求めている人物像・職務能力を良く見極めて、自分に適正があるかどうかを判断する必要があります。

相談できる人がいるか?

転職を考えているときは、職場の同僚などには話せずついつい一人でふさぎ込んでしまいがちです。

例えば友人・知人・親に、その業種の経験がある人がいるかもしれません。その業界に詳しい人がいるかもしれません。

もし詳しい人がいなければ、まず面接を受けてみて、面接官に業界のことを質問するなんて荒業もあります。面接官であればその業界には詳しいですし、人にもよりますが、親身になって話してくれるタイプの人かもしれません。相談もかねてまずは一社受けてみるというのも選択肢のうちの一つです。

焦りからくる転職候補先を美化していないか?

とくに風俗求人に限った話ではありませんが、求人広告を出す際に企業は広告主にお金を支払っています。それはなぜか?当然人材を求めているからです。同業他社より多くの優良な人材を確保するために、広告には基本的に悪いことは載せていない企業の方が多いです。

だからといって、全ての求人を疑ってかかっていては転職先の候補がなくなってしまいます。ここで大事なのは、転職先は実際に行ってみなければ本当のところはわからないということです。

風俗の求人には「給与」でさえも嘘を書いているところさえあるので、その会社に漂う「良い職場かどうか」という目に見えない部分を注意して観察する必要があると思います。

私は当グループ以外の風俗企業は経験していませんが、噂では「暴力団との関係を迫られる」ような会社もあると聞きます。 焦りから、良く見もせずに飛び込むには、風俗業界は危険も多い業界であるということは、認識しておいてよいと思います。

転職先の条件は確認したか?

まだ追い込まれていない時期は、「条件も見ないで転職するなんて考えられない」と思うかもしれません。

しかし転職に、時間的猶予があまりない場合、以外と「なんとなく」で転職先を決めてしまう方が多いというのを知っていましたか?

面接でも「なんとなく聞きづらいから … 」と条件面についてなあなあにしていて、「広告通りの金額はもらえるだろう」と思っていて、蓋を開けてみたら大失敗だった!なんてこともあるのが転職活動です。

詳細な条件面・業務内容については、電話で教えてくれるところは少ないでしょうが、面接の段階で教えてくれない所は殆どありません。ここでしっかりと確認するかしないかで、転職の成否がわかれてきます。また、逆にあいまいに返事をしたり、答えてくれないような企業は「怪しい」です。そんな企業はやめておいた方が無難でしょう。

条件面を明確に確認することが、優良企業とブラック企業を見抜くコツです。

働いているヒトはどんな人たちか?

別記事でも触れましたが、【人間関係】は転職のきっかけとして最も大きい要素です。なんと転職を希望する3割近くもの人が、【人間関係を理由に】転職をしています。

これについては実際にその企業に行く「面接」のタイミングでしか推し量ることが出来ません。

面接官に対して自分がどう感じたか、その面接官が自分の上司だったら … ?また、他に働いている人が楽しそうに仕事をしていたか?やる気のない人ばかりだったか?

「面接」は緊張するタイミングですが、企業を見極める一番大事なポイントです。どんなに広告で取り繕っても、その会社が劣悪な環境であればその様子が「現場」から垣間見えてしまいます。

逆に「良い職場」であれば、「すごく厳しそうだけど、働いている人はハキハキしている…」など、何かプラスの面を垣間見れることでしょう。

転職ノウハウを考えすぎない

巷には「履歴書の書きかた」だったり、「面接の受け答え」だったり、様々な就活ノウハウがあふれています。もちろん、採用担当者に気に入られるために、最低限のライン(清潔な服装=スーツなどで面接にいく、履歴書を丁寧にかく等)はあります。

しかし本当に必要なのは、自分が「転職」を通じて成功できるかどうか? というポイントです。

成功するには、自分にとって成功しやすい環境を探し出し、その求人を勝ち取らなければなりません。

難しいことだと思うかもしれませんが、アナタが今働いているその職場も、アナタが自身で勝ち取った一つの成功の形であることを忘れてはいけません。

自分に自信をもって、まずは最初の一歩を踏み出してみてください。


応募ガイド

業界事情:風俗業界ってなんだ?
風俗業界って具体的にどんなところ?読めばアナタも業界通!
勤務風景:とある新入社員の一日
入社したらどんなふうに働くの?新入社員の一日に密着!
転職ノウハウ:就活と転職の違い?
まずは何から始める?気を付けるべき転職のポイントとは?